ひなちゃんとの楽しい遊び♪(お金をかけずに遊びとお勉強)

2歳の娘との遊びや学びについて、成長とともに綴っています♪お気軽にコメントしてください♪
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

外遊びで日本語を学ぶ♪【4】  

【ひなちゃん1歳5ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






あぁ、今回でやっと完結します。

関連記事

外遊びで日本語を学ぶ♪【1】
外遊びで日本語を学ぶ♪【2】
外遊びで日本語を学ぶ♪【3】

もしこの度、この4回にも渡る長い記事を読んでくださった方がいらっしゃったら本当に感謝です♪

つらつらと長々と書いてしまったので、読みにくいところが多々あったと思うんですが、お許しください。

興味のある方は続きをお読みくださいね☆ <挨拶のことば>

沢山の人やワンちゃんと出会い、コミュニケーションを沢山とって関わることで挨拶やコミュニケーションを覚えていくものだと思います。

そうだん

「こんにちは」「今日も元気だね」「ごめんね」「ありがとう」「かして」「どうぞ」「バイバイ」「大丈夫?」、、、、大人たちがこういったやり取りをちゃんと見せていれば子供たちも学んでくれると思います。

<ことばの使い方>

そのほかにも副詞や助詞、助動詞、、、、、などなど。
沢山の言葉や使い方を体感して覚えることができます。
そのためには

「あそこにいくよ~」というあいまいなことばだけじゃなくて

「丘の上で○○ちゃんが待ってるよ。○○ちゃんが座っているところまで行こう」
「まずは橋を渡ろうね」
「おぉ!ひなちゃん、走るのはやいね!」
「ママも走る~~!」
「○○ちゃんに会ったら、こんにちはって言おうね~」
「じゃあ丘を登ろうか!」



などできるだけ知っている言葉を沢山使って不自然にならない程度にちゃんとした「助詞」「助動詞」を使って正しい文法でシンプルな文章で話すことを意識しています。

(関西弁だし正しい日本語やアクセントじゃないですよ~。それにできるだけ不自然にならない程度にです。ちゃんとした日本語を話そうと意識しすぎると気楽さがなくなっちゃうので。)

ここまで沢山こちら↓の本が話題になりましたが、

わが子に伝える「絶対語感」―頭の良い子に育てる日本語の話し方

ここまで読んでくださった方。

ところで、「絶対語感」って何?

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか、、、

「絶対語感」は形があるものではないので、説明するのが難しいです。

著者の方の言葉を借りると

「ことばの原理、つまり文法、音調、リズムというもののすべてを規制し、ひとりひとりの一生を支配し続けるかくれた語感です。」

とのことです。

この絶対語感は特に幼児期は母親(もしくは父親など身近な大人)の絶対語感が影響されるのですね。

要は子供の話し方やことばの選択は親に似るということ。

です。

子供に優しい子になってほしければ「優しい言葉を使うこと」
子供に明るい子になってほしければ「明るい言葉を使うこと」
子供に元気な子になってほしければ「元気な言葉を使うこと」

意識して話しかけたいなと思います♪




おそらくここに書いたことよりももっともっと学べるものがあるんでしょうね。

こうやってまとめてみましたが、多分これって大半の親御さんが意識せずともされていることだと思います。

だからほとんどの子が3歳ぐらいには日本語ぺらぺらになるわけですよね。

ただ、hirapanに限ってはこうして頭を整理してからというもの、外に出て新しいことに出会ったとき、

「あ!これはひなちゃんに言葉を覚えてもらうチャンス!」と思って話してひなちゃんが吸収してくれるととても嬉しく感じています♪♪♪

だから新しいことが起こるたびにワクワクします♪

外に出るたびに何か覚えてくれる!!!

外に出るたびに楽しい!!!

外に出るとひなちゃんが何かに興味を持ったり動いてくれたり、お話してくれたり、、、と絶対に何か起きるから会話が弾みますもんね♪

だからといってやみくもに毎日新しい場所へ繰り出す必要はないし、ずっと話しかけるのもお互いに疲れるから加減は必要ですが、ひなちゃんが何かに興味をもったり、特に話しかけてくれたときはチャンス!と思って会話の中で新しいことばを伝えようと思います。

言葉はやっぱり机の上の勉強だけじゃ言葉はマスターしづらくて、なんでも体験したりコミュニケーションをとって覚えていくものなんだと改めて感じています。
(机の上で英語を勉強していた私が全く話せないのも納得です (涙))




今回は、外遊びと日本語について述べてきましたが、もちろん「生活」や「家遊び」の中でも意識して沢山会話することでで言葉を覚えることができますよね。

(これについてもまた書きたいな♪)

それに「絵本」や「歌」を楽しむことも言葉を覚える大きな助けになっていると思います。

特に知っているモノが沢山出てくる「絵本」や「歌」は大好きになってくれています!

「体験」から「絵本」から「歌」から「会話」から色んな角度から色んな言葉を感じて欲しいな。

話し方や話す内容については成長とともに変えていかなきゃいけないかなとも感じていますが、ひとまず、今日のところはこれで。

ひなちゃんと会話できるようになった嬉しさからえらくまた長い記事になってしまいましたぁ。。。。

今回は外遊びとことばに関しての記事のため、ことばにフォーカスして書きましたが、外で遊んだり経験することってそれ以外にも沢山成長できると思います!

これから秋になるにつれて、お外遊びはもちろん、たくさんお出かけして色んな体験をする中で多くのコミュニケーションをとっていきたいなと思っています☆

わが子に伝える「絶対語感」―頭の良い子に育てる日本語の話し方

ちなみに↑の本に付録として最後についている「幼児期に覚えておきたいことば」はひなちゃんに話しかけるときの参考にもなっています☆(あくまで参考程度に)

興味のある方はぜひ一読くださいね♪




↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
[ 2010/09/19 00:00 ] 日本語を学ぶ | TB(0) | CM(7)
連休中日、いかがお過ごしですか?
僕は相変わらずお仕事三昧です。(笑)
本日も全て応援完了です。
m(_ _"m)ペコリ
[ 2010/09/19 19:37 ] [ 編集 ]
ずっと一緒にいる 母親の話し方に影響を受けるって
全くその通りですよね~
私自身 ゆっくり分かりやすく話すことには
留意してたんですけど
「正しい日本語・言葉」という
一番大事な部分を おろそかにしてたなぁ・・・と
いつもいつも
為になる記事ですペコリ(o_ _)o))
[ 2010/09/20 00:03 ] [ 編集 ]
ももねママさん

コメントありがとうございます!

> 「正しい日本語・言葉」という
> 一番大事な部分を おろそかにしてたなぁ・・・と
> いつもいつも
> 為になる記事ですペコリ(o_ _)o))

いつも、とっても嬉しいお言葉をありがとうございます♪
一主婦のたわごと、長文に付き合ってくださり、本当に嬉しい。。。。

「正しい日本語・言葉」って難しいです。
意識しすぎると不自然になっちゃうし。。。
こちらは関西弁なので、なおさらです。
私も苦労してまーす(汗)

ただ、汚かったりきつい言葉づかいは極力避けようと思うようになりました!
夫婦の会話も優しく。。。。を心がけています♪
[ 2010/09/20 07:58 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/20 14:20 ] [ 編集 ]
返事が遅くなってすいませんでした。
私も同感です。
外に連れて行くと色々な事がありますもんね。
そこで、色々話しかけると色々覚えますよね。
言葉だけでなく、運動にもなるし、その他もろもろ色々な勉強にもなりますよね。
うちの兄ちゃんの話し方は私そっくりです。
明るい話し方はいいんですけど、キツイ言い方もわたしそっくりです・・(涙)
実を言うと私はあまり正しい言葉というのは意識していません。
どちらかというと、ふざけた言葉というのも大好きで、実は子供も大好きなのです。
子供が幼稚園に行くようになると、とんでもない言葉をおぼえてきたりします。
でも、私はあえてそれを黙認しています。
それは、とんでもないふざけた言葉もそれも言葉の勉強だと思うからです。
友達同士でふざけた事を言い合うのも、子供にとってはかけがえの無い楽しい時間なのではと思うからです。
まあ、一応TPOも教えてはいますけど(食事中は言ってはいけないとか)
参考までにです。
[ 2010/09/21 02:07 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/21 10:31 ] [ 編集 ]
oyonさん

コメントありがとうございます!
体調崩されていたんですね。。。
もう大丈夫でしょうか。

コメント、またまた参考になります!

確かに!甥っ子や近所の子もよくふざけた言葉で遊んでいますね~。
私もなぜか「パンツみえてる~パンツまん!!」とか言っていじられます。
(名誉のため、書いておくと、パンツは見えていません(笑)。)

男の子のほうが顕著かな??
近所のお姉ちゃんは「もう。このこたちはこどもね。。。という感じで優しく見守ってる感じ(笑)」
子供らしくていいなって思います☆

私も子供ならではの会話を楽しんで欲しいし、正しい日本語や語彙の豊かさは子供に求めるものではないと思っています。
ただ、意味を知っていたり、言葉の使い方を知っているのと知らないのとではコミュニケーションを取る際に差がでるかもなって思います。

私も娘のため、というより自分のためにも綺麗な言葉遣いは意識したいなって思っています☆
なんでもそうなんですが、子供に求めないっていうのは大切ですね♪
[ 2010/09/22 14:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirapan

Author:hirapan
2009年3月に娘を出産しました。娘とともに楽しく毎日を過ごしています♪

カテゴリ
最近のコメント
データ取得中...
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。