ひなちゃんとの楽しい遊び♪(お金をかけずに遊びとお勉強)

2歳の娘との遊びや学びについて、成長とともに綴っています♪お気軽にコメントしてください♪
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

外遊びで日本語を学ぶ♪【3】 

【ひなちゃん1歳5ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






夕方の気持ちいい風に秋を感じる今日この頃。
虫の鳴き声も大変心地良い♪♪♪

一つのテーマに関して何日も書き続けるなんて初めてです!

やっと本題に入りつつあります。

実は3回にわけようと思っていたのですが、大変嬉しくも「具体的に詳しくお願い~!」とリクエストを頂いたので、4回にわけようと思います♪
リクエスト下さったあやの姫さん、ありがとう☆★☆

関連記事
外遊びで日本語を学ぶ♪【1】
外遊びで日本語を学ぶ♪【2】

こんな当たり前のことをどれだけ熱く語るんだって思われる方もいらっしゃると思うんですが、私にとっては大発見で、とても勉強になったし、嬉しく感じたことなので、熱く語ることをお許しください(笑)

前回は恐れ多くも

「外に出て遊び、沢山会話することで発語や理解力のUPに繋がる」

と断言してしまいました。

なぜ私がそう感じたかというと。




家の中だけじゃ出会わないモノ、人、行動、感動、出来事に沢山出会えるからです♪

自然と会話がはずみます♪ネタに困りません。なんて楽ちん☆




興味のある方は続きをどうぞ♪
外遊びをすることによって学べると感じたこと♪

<動詞>

わが子に伝える「絶対語感」―頭の良い子に育てる日本語の話し方

↑の本の中でも述べられていたこと。
それは「動詞は動いて覚えることばである。」と。

こちらの本を読んでから、外遊びのときにはモノの名前を覚えることも大切だけど、「動詞」を伝えることを意識しています。

だって、外にいると色んな動作が生まれるからです。

確かに「走る」「歩く」「登る」「下る」「行く」「投げる」「つかまる」「転ぶ」、、、などという動詞も自分が動いてみてああ、これが「歩く」なんだぁとかこれが「登る」なんだぁと感じるものですし。

沢山の動きができる場所で動きながら言葉を覚えることでひなちゃんも沢山の言葉を覚えてくれています。

外でしかできないこと。

それは外にしかないモノに対しての動き。

例えば、

丘を「登る」という一つの動きについて沢山話すことができますよね!

「ママが丘を登るよ!」
「ひなちゃんも登ろう!一緒に登ろう!」
「頑張って登ってるねー!はーい丘の上まで登ったね!」

丘を登る

他にも「渡る」という動詞は「橋」など渡る対象がないと伝えられないです。
「投げる」という動詞も「ボール」など投げる対象がないと伝えられないなどなど、沢山あります。


<形容詞、形容動詞>

「熱い」「冷たい」「痛い」「危ない」「怖い」「嬉しい」「楽しい」「気持ちいい」「きれいだ」「静かだ」なんて、実際に感じないとわからないです。

外でしかできないこと。

例えば、「太陽の光」を感じること。

光を感じて「太陽の光はまぶしいね」
「川にお日様の光が映ってキラキラ光っているね」
「真っ赤な夕日が綺麗だね」
などなど、沢山の会話で形容詞が使えます。


夕日をみる
落ち葉

あと形容詞は対になる「長い⇔短い」「大きい⇔小さい」「高い⇔低い」「少ない⇔多い」などを伝える際にもそこにあるもの、例えば、草木や花、葉っぱ、石などを使っても伝えることもできます♪

<名詞>

名詞に関しては絵や写真でも覚えることができるでしょう。

ただ、実物を見て触って覚えたほうが断然覚えてくれます!!

外でしかできないこと。

例えば「自然」を覚えること。

これは実物を見て大きさや感触を確かめながらことばを覚えて、そこから
「木には沢山葉っぱがついてるね」
「木の下には落ち葉が落ちてるね」
「落ち葉を踏んだらくしゃくしゃって音がするね」
などなど、五感で感じて会話することによってそのことばが確かなものになっていくのではないかなと思います。


落ち葉

あと「挨拶の言葉」「ことばの使い方」などについても沢山発見がありました♪

続きは次回にしまーす♪♪♪



↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
[ 2010/09/17 00:00 ] 日本語を学ぶ | TB(0) | CM(7)
はじめまして^^コメント下さってありがとうございます。僕も早速遊びにきました。子育ては、親も育てると言いますが、本当ですね。僕も子育てを通じてたくさん学んでいます。hirapanさんも子育て、愛情をもってされている様子がブログでよくよく伝わってきます。僕も参考にさせていただきたいです。これからもよろしくお願いします☆
[ 2010/09/17 12:52 ] [ 編集 ]
くろちゃんさん

訪問&コメントありがとうございます!

子育ては親育て、本当にその通りですね!

でも、子育てや教育に関すること、真剣に考えるのって楽しいですよね~。

これからもよろしくお願いします☆
[ 2010/09/17 12:58 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/17 15:53 ] [ 編集 ]
そうそう、動詞や形容詞は教えるというより
体験、体感で覚えるものですよね。
っていうより、それなくして
教える方が難しいです。

戸外はもちろんですが、家の中でも
一緒に何かをしている時に、それを
言葉で表現することは、言葉の獲得に
おいてとても大切だと思いました。
[ 2010/09/17 21:03 ] [ 編集 ]
先日 うちのももねも
リーンリーンという虫の声を初めて聞きました
不思議そうな顔 「なんの音だろ!?」と
思っていたようです~
五感をフル活用して いっぱい体感して欲しいですよね♪
秋はお外遊びにもってこいの季節ですし
どんどんお外に連れ出そうと思います♪

[ 2010/09/17 23:27 ] [ 編集 ]
みちしずさん

コメントありがとうございます!

> 戸外はもちろんですが、家の中でも
> 一緒に何かをしている時に、それを
> 言葉で表現することは、言葉の獲得に
> おいてとても大切だと思いました。

そうなんですよね!
例えば子供が「おちゃ!」って言ったときに「はいはい、おちゃね」ってパッと言ってお茶をあげるのと、「○○ちゃんはお茶が欲しいの?」「はい」「はいどうぞ。」ってあげるのとでは差があるのかなって思います。

最近意識して表現していたら

「おりたい」
「のみたい」
「のりたい」
「えほん、よむ~」
「はいりたい」
「とってほしい」
「おちゃ、ほしい」

などと言葉で表現してくれるようになりました。

家で生活しているとき、例えば家事をする際にしか使わないことばも沢山ありますよね~。
意識して一緒に生活したいなと思っています♪
[ 2010/09/20 07:52 ] [ 編集 ]
ももねママさん

コメントありがとうございます!!

> 先日 うちのももねも
> リーンリーンという虫の声を初めて聞きました
> 不思議そうな顔 「なんの音だろ!?」と
> 思っていたようです~
> 五感をフル活用して いっぱい体感して欲しいですよね♪
> 秋はお外遊びにもってこいの季節ですし
> どんどんお外に連れ出そうと思います♪

最近虫の声が聴こえて気持ちいいですよね♪
ももねちゃんも毎日沢山色んな発見をしているんだろうなぁ。
子供たちの頭の中ってどうなってるのかなぁ。。。。

ほんと、子育てを初めてから季節を感じようって積極的に思うようになりました♪
ももねママさんのblogももうすぐ秋色全開ですね☆
楽しみ~~♪
[ 2010/09/20 07:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirapan

Author:hirapan
2009年3月に娘を出産しました。娘とともに楽しく毎日を過ごしています♪

カテゴリ
最近のコメント
データ取得中...
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。