ひなちゃんとの楽しい遊び♪(お金をかけずに遊びとお勉強)

2歳の娘との遊びや学びについて、成長とともに綴っています♪お気軽にコメントしてください♪
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子育てセミナーに出席♪子どもの褒め方について☆その1 

【ひなちゃん1歳5ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






近所のパパの実家がにぎやかになりました♪

hirapanにとっての姪っ子、ひなちゃんのいとこにあたる可愛い赤ちゃんがママと一緒に帰ってきてるんです☆

1ヶ月ほどいるみたいで、嬉しいな。

赤ちゃんって本当に可愛い。。。。抱っこしたら気持ちいい。。。

私にとっては義理の妹にあたる赤ちゃんのママ、とってもとっても愛情いっぱいに子育てしていて、微笑ましくなりました♪

プレゼントした絵本やおもちゃもすごく使ってくれてるみたいで嬉しい♪♪♪

また遊ぼうね~★



さてさて、先日、いつも遊びに行かせてもらっている「つどい広場」で「子育てセミナー」が開催されており、参加させていただきました♪

講師の先生は4人のお子さんがいらっしゃるベテランママさん。

4人!!!!

すごい。

私なんて1人でもいっぱいいっぱいなのに。。。

尊敬です!

とってもわかりやすくお話してくださって、自らの失敗談も語ってくださり、すっと心に入ってきました。

やっぱりエライ先生の「上から目線の話」よりも同じママとして同じ高さに立って聴いているママさんの気持ちを汲みながらお話してくださるととても嬉しいし、わかりやすい!

その中で印象に残った話について書いておきます。



まずは

褒めることについて。について。

実は、そろそろ「褒めること」や「叱ること」についてはちゃんと考えなくてはと思ってたところだったんです。

これまでも「自分が育てられて感じたこと」や「色んな本を読んだり、blogを拝見したて納得したこと」、「実際に知り合いのママさんがお子さんを褒めてらっしゃる様子を見て感じたこと」などから私なりの理想はありました。



勉強になった本

子育てハッピーアドバイス子育てハッピーアドバイス
(2005/12/01)
明橋 大二

商品詳細を見る


勉強になったblog記事

ちびもも教室

褒めるよりも認める子育て




でもやっぱり同じ内容であってでも「体験」から、「本」から、「blog」から、そして「お話」から色んな角度から色んな人の表現で何度も頭に入れることで自分の中に入っていく気がします。

そして、「じゃあ自分はどうするのか?」を考えるヒントになります。

私はこれまでこうした「子育て論」についてのことを記事にする勇気がなかったのです。

「子育て論」って正解がないし、ご家庭それぞれで違いますもんね。

褒め方ひとつについても「強い子になって欲しいからあまり褒めない!」っていう考えの人もいるわけだし。

でも、自分なりに整理して考えることも良いことかなと思いますし、この記事を読んで「私の場合はどうだろう?」と考える方もでてこられるかもしれないし、これからは少しずつ自分の思いを残していこうかと思いました。

ほんの一つの意見だと思って読んでくださると嬉しいです☆

興味のある方は続きをお読みくださいね♪


まずは先生のお話♪(ひなちゃんとこそこそと遊びながらだったのでかなりうろ覚えなんですが)

☆褒めることは大切

子どもも大人も褒めるとみんなが嬉しい

それに子どもだけじゃなくてパパも褒めていきましょう♪ってことだそうです。

そして周りの人も。周りのお友達も。

頑張ったことに対して褒められると誰だって嬉しいですよね。

☆なんでもかんでも褒めればいいというものではない。

先生のお話の中で印象深いお話を以下に書きます♪(うろ覚えで内容ちょっと違うかもしれませんけど。。。)

先生のお子さんの一人がテストで100点を取ったとき、お父さんもお母さんも沢山褒めて

「すごいね!すごいね!冷蔵庫に貼ろうね!」

とほめちぎられたそうです。

そしてお子さんもとっても喜んだそう。

でも、それ以降、100点以外の点数を取ると報告しなくなったそうです。

100点じゃなかったら褒めてもらえない。。。と思ったんじゃないかとおっしゃっていました。

☆「頑張ったことを褒めてあげる」

上の話の中でもわかるように

「できた!」こと自体を褒めるんじゃなくて、そこに至るまでの「がんばり」をほめてあげること。

「100点とれてすごいね!天才!」

じゃなくて

「100点取れたんだね。頑張って先生のお話聞いてたからだね。」とか

「ちゃんと毎日復習して頑張ってたもんね。嬉しいね。」

こういう風に褒めてあげれば良かったんじゃないかとおっしゃっていました。

「できたこと」ばかり褒めると、「できること」にしか挑戦しなくなる。

褒めてもらえることしかやらなくなる。

でも、「頑張ったこと」を褒めてあげると「新しいことに頑張れる子になる」とのことでした。

「頑張ったこと」によって結果が出たことに対しては「嬉しいね」「良かったね」「ママも嬉しい」というプラス思考の言葉をかけてあげるとさらに幸せな気持ちになれますよね。とのこと。




こんな感じの内容だったと思いますが、、ちょっとニュアンスが違うところはあるかも。。。

でも、とても勉強になりました!

次回、この話を聞いて、自分なりに思ったことをUPしたいなって思います!

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/03 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirapan

Author:hirapan
2009年3月に娘を出産しました。娘とともに楽しく毎日を過ごしています♪

カテゴリ
最近のコメント
データ取得中...
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。