ひなちゃんとの楽しい遊び♪(お金をかけずに遊びとお勉強)

2歳の娘との遊びや学びについて、成長とともに綴っています♪お気軽にコメントしてください♪
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

つどい広場で学ぼう♪【4】 ジム&すべりだいで遊ぶ&学ぶ♪ 

【ひなちゃん1歳5ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★






祝!ひなちゃん、1歳5ヶ月!!!

blogを始めた1歳の頃に比べて本当に色んなことができるようになりました。

たとえば、昔に作った

ぱずる2

関連記事 手作りおもちゃ⑥(ダンボールでパズル②<リベンジ!!>)

ずいぶんほったらかしにしていたんですが(汗)

手作りパズル。blogを見ていたらどうやら1歳1ヶ月のひなちゃんは△が入れられなかったんだよね~。

入れる場所も間違ってることもあったし。

でも、この間、久々に出してみると、いつのまにか全部はめれるようになってました♪

まる、しゃーかく(さんかく)、ひぃかく(しかく)って言ってはめたりしてます。

お絵かきのときにも「まるっと」と言いながら○を描いたりするようになって、だんだん形にも興味が出てきてるんだろうなぁって感じます。

成長成長!




さて、つどい広場でお世話になっているおもちゃや遊具の記録です♪

大変お世話になっているのが、すべりだい&ジム。

広場のすべり台&ジムは木製でしっかりしてるモノです♪

ひなちゃんはすべり台で遊んでるときもつねにしゃべってます。

「おぉ、ここ、かいだん、じゅんばん(友達がいる場合)、よいしょよいしょ(と言って階段を登る)、よっこらしょ、おっちん、(と言って座る)、シュー(と言って滑る)、おっちゃったー、もっかい!!」

「つぎ!ひなちゃんも、しゅー」

「ひなちゃんも、じょうずー」

などなど、かたことの言葉でずっとお話してます。本当に楽しそう♪

滑り台はうちの家には置けないですからね~。

以下の文章なんですが、考えすぎて長い文章になってしまいました。。。

非常に読みづらいと思いますので、興味のある方だけお読みいただけば嬉しいです。




ルールとして、

「広場内では必ず、階段から登ること」
(すべりたい子がいるときに遠慮する子もいるだろうし、邪魔になる。あと、小さい子が真似しないように。)

「順番を守ること」

「邪魔になる場所に居座らないこと」


(誤解を招いてしまったようなので、記事の文章を追加します。

以上のルールを「守るもの!」と禁止しているわけではなく、それぞれのルールを守る意味をそれとなくなんとなく伝えています。

たとえば、

「順番!順番!ほら○○ちゃんも滑ったー!つぎは○○ちゃん!みんなで滑って楽しいねー♪」
とか
「ほら!○○ちゃんもすべりたいよー。じゃまになるからどいてあげてねー」
とか
「みんなで遊ぶときは階段から登ろうねー」とか)





毎日遊んでいるととわかるものかなと思います。

実は、以前、「すべりだいの逆から登り」について記事にしてしまったことがありました。

そのことについて、批判を頂き(実際は批判ではなく意見だったのですが)、私なりに考えてみたのです。

確かに子どもの自由な発想で逆から登ることもいいかもしれません。

私が誰もいない公園で逆から登りを許してしまったこと。

これには賛否両論あることだろうと思います。

ただ、やっぱりただ「許す」よりも「ルール」があるということを理解したうえで「許す」のは違うと思うんです。

もちろん、公園でもこういったルールをその都度教えたり、感じたりすることはできると思うんですが、なぜかうちの周りの公園ってあまり遊んでる子がいないんですよね(というか子どもが遊んでいるのを見たことのない公園もあります)。

(今は暑いから&小さい公園だからっていうのもあると思うけど、それにしても全くいない。。。少子化かな。。。)

だからルールを守れるようになって欲しいって思っても、「ルールを守る理由」を感じにくい環境です。

お友達がいない公園という環境の中で「自由に遊ぶ」ことが当たり前になってきてしまったら、少し恐いなと。。。

こうして色んなことを考えるきっかけを与えていただいて、批判の意見をいただけて本当に良かったと思っています。

色んな意見があると思うのですが、私は、ただ「ダメ!」よりも「なぜだめなのか」を感じたら小さい子でも「ルールを守る理由」を理解できるんじゃないかなって思うんです。




つどい広場には同じぐらいの年齢のお友達も沢山いるし、すべり台は公園のすべり台より圧倒的に低くて小さいので、1歳前後の子にもルールを守ることの大切さを感じやすい環境だと思います。

ルールに関しては、ちゃんと指導されているママさんばかりなのでお友達もわかってくれてる子が多いです。

スタッフさんもちゃんと指導してくださるし。

もう今となってはほとんど注意することもなくなりました。

眠い時は行動が雑だからしっかり見てなきゃ心配ですけどね(汗)。

それだけちゃんと当たり前のように階段から行って順番を守ってくれるからだと思います。

トラブルが起きそうなときはママさんやスタッフさんがすぐにかけつけてくださいます。

おそらく、スタッフさんも毎日沢山の子が遊ぶ様子をご覧になっている中で、「すべりだい」でルールを守ること、指導することの大切さを、そして一歩間違えばトラブルになるということを身を持ってご存じなんだろうなぁと感じています。

こうして、「ちゃんと階段から登れば優先的にすべれる」ということを子どもたちが感じることができる環境に本当に感謝しています☆



それに、どうしても混みあってくると小さい子の場合、順番が守れなかったり、ぶつかったりとかも。。。

でも、実際にお友達と少しぶつかったり、混雑している空気を感じ取って「ルールや順番を守ることの大切さ」を学ぶこともあると思うんですよね。

(もちろん、危ないときはそのつどママさんやスタッフさんが指導されていますが、子どもの動きは速いので間に合わないときがあるんです。。。)

こうして、大勢で一つの遊具を遊ぶ経験をすることで、「ルール」の意味を感じやすいんじゃないかと。。。

自由な発想で遊ぶことも大切だけど、こうやってルールを守って遊ぶこと、お友達の気持ちを考えることの大切さを感じて欲しいと思っています。

「ルール」を守ったらお友達と楽しく遊ぶことができる☆というのを感じてもらえたら嬉しいな。

小さいころからちゃんと理由を理解して「ルールを守る」ことをわかってもらうことによって、私のもとから離れて一人で外で遊ぶようになったときに周りをちゃんと見て行動できるようになって欲しいなと思ってるんですが、、、、




こう考えると「お友達とすべりだいで遊ぶ」というのは、とても奥深いと感じました。

やっぱり年齢の近い子どもたちと一緒に遊ぶことって大切なんですね。

兄弟や兄弟に近い存在(いとこや親戚)が近くにいないひなちゃんは特にますます家に閉じこもってちゃいけないなって感じます。

でも「ルール」って本当に難しい。。。

「常識」は人によって違いますからね(涙)。

遊具の使い方。。。。

世の中には色んな考えの人がいて、このつどい広場でのやり方が正しい!とは思っているわけではないです。

色んなん意見があることはわかっています。

結局のところ、答えはみつかりませんが、そのつどそのつど考えていきたいと思います。




もちろんこういった「ルール」は幼稚園に入ったら教えていただけるそうです。

そこからでも遅くはないとも思います。

でも、せっかく身近に学べる環境があるので、学んでいってもらえれば嬉しいなと思います。

ただ、迷惑にならない範囲で自由に遊ばせることに関しては、まだちゃんとした答えは出ていません。

迷惑にならない範囲では自由に遊ばせるのもいいかなぁとも思っています。

これは娘の成長に伴ってもう少し考えていきたいと思います。




最近はお兄さんやお姉さん、お友達の真似してジムにも登ったり中に入ったりしてます♪

そしてたまに顔などをぶつけてますが、泣いてもまた挑戦。

頑張るのはとってもエライと思うんだけど、顔にあざできてるよ~女の子なのに。。。

ママの反応が遅くて守ってあげれなくてごめんね~(涙)




↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★

スポンサーサイト
んんん~~~ちょっと考えてしまいました。ルールはルールでしょうが、あまりこれをやってはいけない、あれもやってはいけない~となるとかなり神経質になるのでしょうね。そこまで他のおかあさんの目が光っていると、公園はがら空きになるかも。私なら、子供連れて行かないなぁ~。
自由さが無くて、つまらないもの。私の子供の頃なんて、そのいけないリスト全部やっていたかも^^;
日本は、ちょっと過敏かもしれませんよ。

[ 2010/08/28 14:23 ] [ 編集 ]
みどりさん

コメントありがとうございます!

そういった意見もあるだろうなと思っていました。
貴重な意見、嬉しいです。

確かに今の日本は私たちが子どもだった時代と比べて変わっていると思います。

昔はもっと子どもも多かったし、もっと子ども同士で注意したり、お互いに気を使っていたような。。。

でも、少子化や核家族化の影響もあるのかなと思います。

この間実家に帰りましたが、周りに子どもがいないこといないこと。

しかも私が昔遊んでいた公園もなくなってました。

それに公園での連れ去りなど悲しいニュースも多いから親がついてることも増えたのかもしれませんね。

もし私の思いが伝わってなかったのなら私の書き方が良くなかったのかなと思うんですが、

「なにがなんでもだめ!ルールは守るものよ!」

じゃなくて、大勢の子どもたちと一緒に遊ぶ仲でルールを守る理由をわかって欲しいなと思ってるんです。

私も「ダメ!だめ!」と言うのはあんまり好きじゃなくて。。。。

「順番を守らなきゃだめよ!」

じゃなくて、

「順番を守ればみんなで仲良く遊べる」

と。

スタッフさんもママさんも目を光らせているわけじゃなくて、子どもたちの安全面を考慮した指導をしているだけだと思います。

実際に上に子どもがいるのに下から登ってきたら、けがするのは下から登ってきた子。危ないですもんね。

私を含め「絶対に守りなさい!!!」というオーラで話しているのではなく、「じゅんばん、じゅんばん、楽しいなー♪」という雰囲気です。

子どもたちもノビノビと遊んでいます。

↑この文章がなかったから、息苦しい記事と感じられたのかもしれませんね。。。

少し書きなおしてみます。

でも、アメリカはもっと自由なんですね。

おそらく、あまりの自由奔放、迷惑をかける行為は今の日本ではNGです。(人にもよると思うんですけど、そういう意見のほうが多いようです。)

やっぱり日本って神経質なのかもしれないですね。
[ 2010/08/28 15:20 ] [ 編集 ]
こどもが萎縮するほどでなければ、たとえ神経質になって言い聞かせても私はいいと思うなぁ。3歳までが勝負のような気がして、私も教えられるときはちゃんと教えてるよ。
でも、疲れてるときは「またやってる・・・」とか思いながら、見てるだけのときもあって・・・。こういう中途半端してると、意味ないよねー・・・。



[ 2010/08/28 22:09 ] [ 編集 ]
ひなちゃん 1歳5ヶ月
おめでとうございます(≧∇≦)

ウチの娘も おでこによくアザをつくります。。。
そして
転んでもあまり 泣かないデス(゚Д゚)
鈍感・・・

ルールはそのつど 声かけをして
教えていかなければいけないと
思っておりますが
臨機応変でもいいかな?なんて
甘く考えちゃってました・・・
ルール・周りへの配慮を加味した上で
ノビノビ遊ばせたいです♪

[ 2010/08/28 22:54 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/28 23:27 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/29 20:51 ] [ 編集 ]
ふじしょうさん

コメントありがとう!!

> こどもが萎縮するほどでなければ、たとえ神経質になって言い聞かせても私はいいと思うなぁ。3歳までが勝負のような気がして、私も教えられるときはちゃんと教えてるよ。

教えてくれてありがとう☆

こうして離れていてもコミュニケーションとれてうれしいな♪

ほんと、0歳だったころ沢山お世話になったつどい広場だけど、成長とともに遊び方が変わってきたから考えることや悩みもでてくるよね。

何しろ初めての育児だし(汗)

私もそこまで神経質に考えなくてもいいのかもしれないけどね。。。

まだまだ1歳。されど1歳。

本当、難しいけど。そのつど悩むことも愛情なのかなって思ってるよ。

これからも頑張ろうね~★
[ 2010/08/29 21:58 ] [ 編集 ]
ももねママさん

コメントありがとうございます!

長く読みづらい文章を読んでくださって、とても嬉しいです。

自由とルールって本当に難しいですよね。

私、確かに神経質になっているかもしれません。

色んな価値感があっていいと思うんです。家庭によって違って当然だし。

ただ、親として自分の子にどう伝えるか?

外に出ると色んなことが起きるし、悩みはつきないけど、そのつど悩み、考えてポリシーを持って伝えていくことも愛情かなっと思っています♪

0歳のときは赤ちゃんのお世話で大変って思ったけど、1歳になったら1歳の親としての悩みが、2歳になったら2歳の悩みが、、、、とエンドレスですね!

でも、その分、幸せをもらってるから「大変なこと」と思わずに頑張ろうって思ってます☆

頑張りましょーね♪
[ 2010/08/29 22:06 ] [ 編集 ]
なかなか難しい問題ですね。
あまり、大人のルールに乗っ取ってがんじがらめにしてしまうと、少し大きくなったときに(幼稚園以上くらい?)融通のきかない子供になる可能性が・・・?(実際にいます)
同じ年の友達に「あれだめ、これだめ」と言いまくっています。
見てて子供ながらストレスが溜まるのでは?と心配になります。

昨日、公園の滑り台で、弟君と兄ちゃんが滑り台の上に砂をかけていました。
私は「汚れてしまうから」と注意してやめさせたんですけど、もし私が注意しないでそのまま、滑り台で砂を使って遊んでいたらさぞかし子供たちは楽しいだろうなーと。
砂が滑るのを見て、砂まみれになってお尻で滑ったり、子供の脳のは活性化されシナプスは沢山増えるだろうなと。
つまり、子供って大人が大人の価値観で「ダメ」って言わないで、すき放題やってたら、すごい天才になるのでは?と兄ちゃんが1歳の時から思ってました。
だからといって、すき放題って訳にもいかないし・・・・

子供は失敗しながら色々学んでいくというのもあります。
友達と揉まれながら覚えていくと言うのもあるとも思います。
大人はここぞと言う時以外は、あまり注意しない方がいいのではないかな~と思うんですけど・・・
なかなか難しいですよね。
[ 2010/08/30 15:19 ] [ 編集 ]
oyonさん

コメントありがとうございます!

これは本当に難しい問題ですね。

最近近所の子たち(5歳前後)がけんかしている様子を大人たちは見守っていて、口を出さなかったのですが勝手に解決している様子を見て、微笑ましくなることもありました。
やっぱり子どもたちだけで解決できることもあるのね。って。

親の介入っていつまで必要なのかなって感じています。
今のところ1歳の娘には必要だと感じているんですが、今後どうするのか?は成長を見てその都度考えていくしかないかなと思っています。

しかし、コメントを見て、はっと気付いたことがあります。

それはやっぱり「正しい子育て」とものがあるわけもなく、

「自分の子どもにどのように育ってほしいのか?」

を真剣に考えてその環境を作ってあげることが大切なのではないかと思ったこと。

もちろん、成長して「こうしたい!自分はこうありたい!」と思い始めたら押しつけたくはないんですが、子どもが小さいうちは家庭家庭それぞれでポリシーを持つことかなぁと。

「自由な発想でひらめく子になってほしい」「臨機応変な人付き合いができる子になって欲しい」「しっかりとルールを守る子になって欲しい」「競争社会に負けない強い子になって欲しい」「人の気持ちを思いやる優しい子になって欲しい」

きっと家庭それぞれで違うけど、どんな子になって欲しいのか?という思いを持ってその思いにぶれない接し方をしていたらそれでOKなのかなって。

なんだか長いコメントになってしまいましたが、コメントを頂いて、自分なりの答えがでそうになってきました!!!

この記事、UPするかどうか迷ったけど、して良かった^^

ありがとうございました!!

[ 2010/08/31 01:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

hirapan

Author:hirapan
2009年3月に娘を出産しました。娘とともに楽しく毎日を過ごしています♪

カテゴリ
最近のコメント
データ取得中...
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。