ひなちゃんとの楽しい遊び♪(お金をかけずに遊びとお勉強)

2歳の娘との遊びや学びについて、成長とともに綴っています♪お気軽にコメントしてください♪
Admin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

親支援プログラム“Nobody’s Perfect”(NP)に参加中です☆ 

【ひなちゃん1歳8ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村




10月から市の子育て支援センターで募集されていた「Nobody's Perfect プログラム」に参加しています♪


Nobody's Perfect プログラムは、0歳から5歳までの子どもをもつ親を対象に、参加者がそれぞれに抱えている悩みや関心のあることをグループで出し合って話し合いながら、必要に応じてテキストを参照して、自分にあった子育ての仕方を学ぶものです。
 同年齢の子どもを持ち、共通の興味や関心をもつ人々と出会うことができる安心できる場を親に提供するプログラムです。(HPより抜粋)


お借りしている参考書

完璧な親なんていない!―カナダ生まれの子育てテキスト完璧な親なんていない!―カナダ生まれの子育てテキスト
(2002/08)
ジャニス・ウッド キャタノ

商品詳細を見る





つまりは、ママさんたちがみんなで悩みを共有したり、興味のあることについて相談したり、話し合ったりして、自分たちなりの子育てをみつけるプログラムです。

1回2時間。全8回。

あぁ。もう次回で終わる。。。さみしいなぁ。

(ただし、ひなちゃん体調不良のためこれまでで2回お休みしています)

私たちが話し合った内容についてはルールに基づき公にできないので残念なのですが、2時間じっくりと子供と離れてママさんたちといろいろとお話しできるこの機会はとっても充実!!!

もう、本当はblogに書きたいことたくさんなんですけどね(汗)

書けないのが残念!!!

ここで得たことは直接的にはblogに書けないんですが、おそらく記事を書く中で私の考えとして出ちゃうこともあるかなぁと思います。

ママさん同士はあだ名で呼び合い、敬語は使いません!

だから少ししか話してなくってもすぐに仲良くなれちゃうんですよね☆

「講師」が進める講義ではなく、「ファシリテーター」という議長みたいなスタッフさんが話を進めてくださるんですが、進め方が上手だなぁって思います。

あくまでもママたちが中心。

答えも自分たちで見つけていく。

これって結構頭使います。

教育にも同じことが言えますよね。

あれやこれやと教えられたところですぐに忘れちゃうんですが、自分なりに悩み、考え、相談し、解決できたことってなかなか忘れないです。

そういった意味でも、私なりにかなり刺激になっています☆

すごーく楽しいです♪♪♪

やっぱり、いろんな人のいろんな考えを知ることはとっても面白い!

このプログラムに参加したその日はなんかやる気に満ち溢れるんです☆

みんなもがんばってるんだ!がんばろう!って♪




私もblogでは前向きに日記を書いていますが、悩むことも多いんですよ。

私の場合、理想を高く掲げてしまうタイプなので、実際に行動が伴ってないというか。。。

色んな方のblogや育児書を読むたびに「わたしって、できてないわぁ・・・」と思うことも多いんです。

成長するにつれてひなちゃんもかなり自我が出てきてますからね。。。

もう大変です(笑)

このプログラムで色んなことをお話ししたり、聞いてみたいことを気軽に質問してます♪

あたたかい空気を作ってくださっている「ファシリテーター」や参加者の皆さんに感謝♪♪♪




ママたちがプログラムに参加中。

子供たちは隣の部屋で保育してもらってます。

無料で託児できるというのもこのプログラムの魅力♪

ひなちゃんも一生懸命お友達と遊んでいるようです。

初日や二回目なんかは全然泣かないし、

ひなちゃん、意外とママから離れても平気なのよね~~。

ちょっとさみしい~~~~~~!!!!!

なんて思っていたのですが、病気(中耳炎)をしてからは預けるときに大号泣するようになりました!

やっぱり相当辛かったんですね。

もともとあまり甘えん坊じゃなかったのですが、病気のときはかなり甘えてきてくれたので、十分甘えさせたら、ママっ子になりました。

実は嬉しい!!!(大変なこともあるけど)




帰り道。

「ひなちゃん、なにして遊んでたのかな?」

色々会話してわかったこと

◆「せんせーとおともだちとあそんだ」
◆「ビービーしてあそんだ」
◆「カタカタしてあそんだ」
◆「おともだちと、どうぞーしてあそんだ」
◆「サンタさん えほん よんだ」
◆「きしゃ、どうぞした」
◆「ぴょーん した」
◆「くつくつあるけ をよんだ」
◆「ひこうき おかたづけした」

ビービーってなんだろ????
カタカタってなに???
はたして本当にサンタさんの絵本を読んだのか???

こうしてだんだん成長に伴って私の知らないうちに色んなことを吸収して私の知らないことがどんどん増えていくのね。。。なんて思っちゃいました☆




そして、この最近会話にはまってます。

ひなちゃん「○○(支援センターの名前)でちょっと泣いたね~」

hirapan「うん。そうだね~。うぇーんって泣いてたね」

ひなちゃん「せんせいと、ママーいうて泣いたね~」

hirapan「あぁ。先生と一緒にいるときに泣いてたね。うんうん。どうして泣いてたのかな???」

ひなちゃん「さみしかった!!!!!!」

hirapan、胸キュン☆

もちろん一からこの会話ができるようになったわけじゃないんですが、会話の際に、「ママがいなくてさみしかったのかな???」ってしつこく私が聞くもんで(笑)

「さみしかった!!」って言ってくれるようになりました。

しかも自信満々な顔で(笑)

たぶん意味わかってないな~~。

「さみしい」という感情はわかってないかもしれないけど、「さみしかった」というとママが喜んでほっぺにチューするのを知ってしまったようです。。。

だって、かわいいんだもん♪

IMG_1353.jpg




↓おきてがみ設置しました♪

FC2blog以外のblogをされている方とも交流したいなと思っています♪
FC2blog以外のblogをされている方はぜひクリック&登録お願いします。
後ほど訪問させていただきます☆


おきてがみ





ありがとうございます♪とても励みになっています☆

にほんブログ村 子育てブログ 子供の遊び・公園へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

「子どものコミュニケーション力の基本は共感です」を読みました♪ 

【ひなちゃん1歳7ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村




「子どもの学力の基本は好奇心です」を読みました♪

に引き続き、汐見先生シリーズ。

汐見先生の素敵な子育て「子どものコミュニケーション力の基本は共感です」を読みました♪




汐見先生の素敵な子育て「子どものコミュニケーション力の基本は共感です」汐見先生の素敵な子育て「子どものコミュニケーション力の基本は共感です」
(2007/09)
汐見 稔幸

商品詳細を見る





こちらの本も、当たり前のことといえばそうなんですが、すごく大切で忘れてはいけないなぁと感じる内容でした。

コミュニケーション力。。。。

これは人生を楽しむために欠かせないものだと思っています。

私自身、コミュニケーション能力が高いかどうかは別として、人と触れ合い、コミュニケーションをとることが大好きです♪

(こうして私がblogを続けていけるのも沢山の方とコミュニケーションが取れるからだと思います☆みなさん、いつもありがとうございます♪)

人とお話することが好きだったので、思いっきり「理系」の大学に進み、情報工学を学んだのにも関わらず、

OAインストラクターや非常勤講師(パソコンや情報関係だけど)、ブライダル司会や家庭教師などの職についたのだと思います。

(まわりは開発の道に進んだ友人ばかりなので、かなり異色です。。。)




色んな育児書や教育書にも書かれていますが、コミュニケーションに関しても確かに今の時代、昔に比べて失われている部分はあると思います。

悲しいかな。世の中って便利になると、人とのコミュニケーションが減ってしまうんですよね。。。

でもこの本を読んで、そんな時代だからこそ、積極的に色んなコミュニケーションができる環境を準備することを心がけたいなぁと思いました♪

私が汐見先生の本が好きな理由。

それは、現在の日本の環境、子供に足りないものを指摘しながらも、だからといって憂いているだけじゃなくて、具体的に足りないものを補うちょっとした工夫が書いてあるところかな。。。

例えば汐見先生が推奨している「自然経験」にしても、「色んな人との触れ合い」にしても、「外遊び」にしても、少し意識して活動するだけで、今の時代でも色んな能力を育むことができると感じさせてくれるところです。

見る人が見れば当たり前の内容なのかもしれないけど、当たり前のことでも意識しないとできないことって沢山あるんですよね(私だけかもしれないけど)。



こちらの本には、子供のけんかの大切さ、コミュニケーションの輪を広げる大切さ、パパとの触れ合いの大切さ、学校とのお付き合いについて・・・などなどが書かれています。

子供がけんかしたときの親の介入についても触れられており、勉強になりました。

そして、「コミュニケーション」を通じてEQを高めることができると記されていました。

社会的に成功する人はコミュニケーション力があって「EQ」が高い人だそうです。

確かに、大人になってから感じる魅力的な人って学力云々じゃなくてEQが高い人な気がします。

幸せそうだなぁ!魅力的な人だなぁ!また会いたいなぁ!って感じる人も、EQが高い人な気がします。

EQが高いって具体的に?と聞かれると上手くこたえられないけど。。。

会話していて心地良い人でしょうか♪

コミュニケーション力をつけるには小さい頃から色んな人や自然(植物や動物)と接することが大切だそうです。

ひなちゃんにコミュニケーションって楽しい!と思ってもらうための環境について考えていきたいと思います♪

みなさんはご自身やお子さんのコミュニケーション力を上げるために意識されてることってありますか?



↓おきてがみ設置しました♪

FC2blog以外のblogをされている方とも交流したいなと思っています♪
FC2blog以外のblogをされている方はぜひクリック&登録お願いします。
後ほど訪問させていただきます☆


おきてがみ





いつもクリックありがとうございます♪とても励みになっています☆

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






「子どもの学力の基本は好奇心です」を読みました♪ 

【ひなちゃん1歳6ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村





我が家では3週に1回、図書館に行って、絵本を沢山借りてます♪

最近は絵本だけじゃなくって育児や教育に関する本も借りて時間を見つけては読んでいます。

色んな本を読むととても勉強になります!!!!

できるだけ色んな本を読んで色んな人の考えを知ることは、ひなちゃんの教育についてじっくり考えるいい機会になります♪

心がけていることは、本の情報を鵜呑みにせずに、自分の経験と照らし合わせて考えることです。

色んな情報があふれるこの時代、結局はかなり頼りないけどこれまでの私の経験が一番信じられることなんですよね~。

色んな考えがあると思いますが、一つの感想として読んでもらえたら嬉しいです。

最近参考になった本は

汐見 稔幸 先生 が書かれている本。

いくつかあるのですが、本日はこちらの本の紹介です。


汐見先生の素敵な子育て「子どもの学力の基本は好奇心です」汐見先生の素敵な子育て「子どもの学力の基本は好奇心です」
(2008/03)
汐見 稔幸

商品詳細を見る



内容:はじめて子どもを育てるパパとママへ。好奇心を刺激するたくさんの感動体験が学力の基礎をきずきます。学力をのばすための親・教師の役割とは…。 (By Amazon)

きっと、子育てに熱心な皆様は読まれた方が多いのではないでしょうか。

「学力の基本は好奇心を刺激する沢山の感動体験である」

このフレーズはかなりなるほどねーと思いました。




実は学生時代からこれまで、常に色んな形で「教育」に関係のある仕事をしてきたので、色んな学生(小学生~専門学校生や大学生)や学校の先生と触れあう機会は多かったです。

そのなかで学生時代やフリーで仕事をしていたときにアルバイトとしてやっていた家庭教師(出産前も大きなお腹で通ってました)。

私は大学院まで通わせてもらって学生時代が長かったこともあり、家庭教師の仕事を通じて10人以上の子と密に触れ合うことができました。

家庭教師は講師の仕事と比べて密に接していた感じがします。

その子の部屋で一緒に勉強したり休憩時間にお話したりするのでその子の生活の一部になってるなぁという感覚はありました。

6年間一緒に勉強した子もいます♪元気かなぁ。。。

家庭教師の仕事を通じて小学生~高校生までの色んな子と接してきたけど、特に中学受験を控えた子との勉強する機会が多く、その子たちとの触れ合いはとっても楽しかったです。

(受験に関しては色々考えることはあったけど。。。)

私は専門的に教育を学んだわけでもない素人先生だし、偉そうなことは言えませんが、そんな私でもこの本を読んでかなりしっくりきたこと。

そう、やっぱり体験が豊かな子って飲み込みが早い気がします。

例えば、小学校理科で「流れる水のはたらき」を勉強しているとき、「川の上流・中流・下流の石の大きさや形、川原の様子」を勉強するわけですが、自然体験が豊富な子って会話するだけで理解できちゃうんですね~。

「川に遊びに行ったことある????」って聞いてそのときの川の様子を聞いたり、思い出を聞いたり(おかげで脱線することも多かったけど。。。)

川の上流、中流、下流それぞれ様子はそれぞれの河原で遊んだ経験があればほとんど知ってるんですよね。

次の授業のときに家族で遊んだ時の写真を準備してくれてる子もいました。

そのときの楽しかった思い出とともに色んなことが頭に残るのかも。

自然経験が豊富な子に関しては、理解するのが早いし、本当に楽でした!

でも、実際は「川に遊びに行ったことある????」って聞いて「あんましない」という子もいるんです。

あと、「あるけどあんましおぼえてない」という子も。

その場合、イメージができるようにテキストなどを見ながらお話したりすることも必要になってくるし、時間がかかりました。




この飲み込みの違い。

理科だけじゃなくって算数や数学でも同じことがいえますよね。

料理が好きな子は濃度計算や単位計算が得意だったし、シーソーで沢山友達と遊んだ子は、てこの原理がスッと頭に入ってきますよね。(ちょっと太めの子と小柄な子と一緒にバランスとって一緒に楽しんだり。)

ブランコなどの振る遊具や玩具で沢山遊んだ子は振り子の原理もすぐにイメージできると思います。

理系科目だけじゃなくて、国語や社会も同じ。

色んな体験が土台になってるんじゃないかなぁと思います。




私自身もそうです。

子供の頃を思い出してみても、楽しかったり、感動したり、自分で考えてやってみたり、心が動いたときの思い出って今でもものすごく印象深く残っています。

楽しく体験したことについては勉強についても飲み込みが早かったです。

だから、この本に書いてある通り

沢山の感動経験、自然経験、遊びの経験をさせてあげること

は大切なんじゃないかなぁと改めて思いました。

なにより楽しいですしね♪

だからといって机の上の勉強=悪ではないと思っています。

確かに机の上の勉強を無理やりさせるのはあまり良くなんじゃないかなぁと思うけど。

机の上の勉強だって楽しく取り組めたら良いですよね♪

沢山の感動体験を経たしっかりとした土台の上で、もっと知りたいって思って机の上で勉強することはとても楽しいことだと思います♪

勉強して新しい好奇心が出て、また新しい体験したいって思いが自然と出て、またもっと知りたいって思って、、、、、

どんどん新しい感動体験が生まれますよね~☆




なーんて理想を語ってしまいましたが、実際にひなちゃんが成長したとき、私がどんな母親になっているかは不明。

無邪気な1歳半のひなちゃんと「勉強」ってまだ結びつかないから、そこまで考えきれてはいないです。

まぁ、とりあえず一歳半のわが娘、ひなちゃんにしてあげられることは十分に楽しませてあげれるようにお外に遊びに行くこと、あと沢山の人と触れ合い、色んな気持ちを体験させてあげる環境を作ること、週末はパパに自然を感じることができるところに連れて行ってもらってみんなで笑って楽しい思い出を沢山作ることかな♪

ひなちゃんのキラキラオメメと可愛い笑顔に沢山出会うことが私の目標です☆

子供のキラキラオメメと可愛い笑顔に出会えたら親としては本当に幸せですよね~~♪

そこを基本として色んな遊び(知育的なものを含めて)、日々の生活、歌や絵本などなども楽しみたいです。

blogでは書ききれないのですが、こちらの本はそのほかにも参考になりそうなことが沢山書かれていました。

「勉強する動機を作る」ことについてや
「勉強する習慣を作る」ことについても述べられていました。

ひなちゃんにはまだ早いかなと思い、まだ私の中でしっかりと考え切れていませんが(汗)

その時期が来たらまた借ります(笑)

これからも沢山教育に関する本を読んでいきたいです☆



↓おきてがみ設置しました♪

FC2blog以外のblogをされている方とも交流したいなと思っています♪
FC2blog以外のblogをされている方はぜひクリック&登録お願いします。
後ほど訪問させていただきます☆


おきてがみ





↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村





子育てセミナーに出席♪子どもの褒め方について☆その2 

【ひなちゃん1歳5ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★





先日UPした記事 子育てセミナーに出席♪子どもの褒め方について☆その1

の続きです。

まずは、自分に置き換えてみて、どんな褒められ方が嬉しいか。。。考えてみました。

興味のある方はどうぞ♪

子育てセミナーに出席♪子どもの褒め方について☆その1 

【ひなちゃん1歳5ヶ月】

↓よろしければ応援クリックお願いします♪応援していただけたらとっても嬉しいです★ランキングサイトを追加しました♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村






近所のパパの実家がにぎやかになりました♪

hirapanにとっての姪っ子、ひなちゃんのいとこにあたる可愛い赤ちゃんがママと一緒に帰ってきてるんです☆

1ヶ月ほどいるみたいで、嬉しいな。

赤ちゃんって本当に可愛い。。。。抱っこしたら気持ちいい。。。

私にとっては義理の妹にあたる赤ちゃんのママ、とってもとっても愛情いっぱいに子育てしていて、微笑ましくなりました♪

プレゼントした絵本やおもちゃもすごく使ってくれてるみたいで嬉しい♪♪♪

また遊ぼうね~★



さてさて、先日、いつも遊びに行かせてもらっている「つどい広場」で「子育てセミナー」が開催されており、参加させていただきました♪

講師の先生は4人のお子さんがいらっしゃるベテランママさん。

4人!!!!

すごい。

私なんて1人でもいっぱいいっぱいなのに。。。

尊敬です!

とってもわかりやすくお話してくださって、自らの失敗談も語ってくださり、すっと心に入ってきました。

やっぱりエライ先生の「上から目線の話」よりも同じママとして同じ高さに立って聴いているママさんの気持ちを汲みながらお話してくださるととても嬉しいし、わかりやすい!

その中で印象に残った話について書いておきます。



まずは

褒めることについて。について。

実は、そろそろ「褒めること」や「叱ること」についてはちゃんと考えなくてはと思ってたところだったんです。

これまでも「自分が育てられて感じたこと」や「色んな本を読んだり、blogを拝見したて納得したこと」、「実際に知り合いのママさんがお子さんを褒めてらっしゃる様子を見て感じたこと」などから私なりの理想はありました。



勉強になった本

子育てハッピーアドバイス子育てハッピーアドバイス
(2005/12/01)
明橋 大二

商品詳細を見る


勉強になったblog記事

ちびもも教室

褒めるよりも認める子育て




でもやっぱり同じ内容であってでも「体験」から、「本」から、「blog」から、そして「お話」から色んな角度から色んな人の表現で何度も頭に入れることで自分の中に入っていく気がします。

そして、「じゃあ自分はどうするのか?」を考えるヒントになります。

私はこれまでこうした「子育て論」についてのことを記事にする勇気がなかったのです。

「子育て論」って正解がないし、ご家庭それぞれで違いますもんね。

褒め方ひとつについても「強い子になって欲しいからあまり褒めない!」っていう考えの人もいるわけだし。

でも、自分なりに整理して考えることも良いことかなと思いますし、この記事を読んで「私の場合はどうだろう?」と考える方もでてこられるかもしれないし、これからは少しずつ自分の思いを残していこうかと思いました。

ほんの一つの意見だと思って読んでくださると嬉しいです☆

興味のある方は続きをお読みくださいね♪
プロフィール

hirapan

Author:hirapan
2009年3月に娘を出産しました。娘とともに楽しく毎日を過ごしています♪

カテゴリ
最近のコメント
データ取得中...
FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。